妻がしっかりと遊んできてくれて嬉しいという話

f:id:HaseHiro:20140512215859j:plain

どうも、はせひろと申します。

つい最近の話ですが、妻が終電を越えるまで友人と飲みに出かけました。

このフレーズだけだと、「なんだ?これから妻の愚痴でも書くのか?」と思われるかもしれませんが、その逆で、タイトルにもある通りちょっと嬉しいです。

妻もまだまだしっかりと遊べるんだなと安心しました。

妻と結婚して以来・・・というか、知り合ってから考えても初めてなんじゃないのかな?

だからいささか不安もあったんです。特に子供が出来てからは当然のごとく僕の方が帰りが遅いし、去年にいたっては、単身赴任で東京にいってたし、遊ぶといってもその傍らには常に子供が居て、かならずどこかで気にかけていなくちゃいけなくて、遊ぶことだけに集中して遊んでたことなんてほとんどないと思う。

「本当にそう思ってる?」って妻は思うと思うけど、数えるぐらいしか言ってないから妻の記憶にも残っていないと思うけど「たまには遊びにいったらいいじゃない」的なことは言っていたのです。

妻は「対人間」がメインの職業だし、子供は可愛いけど育児だってストレス溜まるじゃない?

だから今回の出来事は嬉しかった。ちゃんとしっかり遊んで抜くこと出来たんだろうなって。

ただ、妻はあまり酒が強くないし、なんせここまで遅いのは初めてだったので、なんかあったら迎えにいけるようにと起きてはいたけどねwww

出来の良すぎる妻だけに、子供に対してだったり、仕事に対してだったり、もちろん僕に対してだったり、色々と溜め込む要因は多いだろうから、これからも適度に事件などに巻き込まれないように、しっかりと飲みに行くでもなんでもいいので、遊べる時間に遊んでほしいと思います。

以上。