SBTのプロキシ設定をする

Scalaで書いたコードを実行形式のjarにしたくて、sbt-assemblyをインストールしたかったのだけど、

[error] Server access Error: Connection timed out: connect url=http://dl.bintray.com/sbt/sbt-plugin-releases/com.eed3si9n/sbt-assembly/scala_2.10/sbt_0.13/0.11.2/ivys/ivy.xml

って出続けてて、こういうときは大体プロキシ設定だったりする。僕の場合。

んで、sbtのプロキシの設定方法を探していたら、batファイルに設定する方法ばかりしか見つからなかった。

sbtのbatファイルをプロジェクト毎に作成するほど使い込んでいるわけでもないので、一律でプロキシ設定する方法ないかなーっていろいろ弄っていたら、一番最初にSBTを使えるようにしたとき(もうどうやってやったのか憶えていない)に、

C:\Program Files\sbt\conf\sbtconfig.txt

というファイルが出来ていたらしく、こいつに以下のような設定を追加することで出来た。

 Set the java args to high

-Xmx512M

-XX:MaxPermSize=256m

-XX:ReservedCodeCacheSize=128m



# Set the extra SBT options

-Dsbt.log.format=true

-Dhttp.proxyHost=proxyHost ← 追加

-Dhttp.proxyPort=proxyPort ← 追加

プロキシの接続先:ポートはそれぞれの環境に合わせておくことね。