自分をコントロールするためのたったひとつの方法

どうもこんにちは!はせひろと申します。

タイトルは完全に釣り臭プンプンですが、とてつもなく当たり前で、的を得ているんじゃないかとおもっています。

さて、タイトルに「自分をコントロール」と書きましたが、僕は自分をコントロールするのが苦手です。少しのことでもすぐにイライラするし、それが顔や態度にすぐ出てしまいます。

良くないことであるのは重々承知しているのですが、忙しくなったり、自分に余裕が無くなるとそれは顕著に表れていきます。

でも、こういうことは僕だけじゃなくて、このブログを読んでくださっている方々にも、少なからず当てはまる人がいるのではないでしょうか。グッと上がってしまったあとに後悔したことありませんか?僕はあります。

そんな僕でも、何も試していなかった訳ではなくて、最近までは「そういう精神状態のフリをする」ということをやっていました。

『姿勢や態度は間接的に感情をコントロールしている』と、とある本に書いてあり、これを可能な限り実践するようにしていましたが、これが結構むずかしい。

理屈は非常にわかります。

たとえば、自分がイライラしているときは、姿勢も悪くなるし言葉も強く悪くなるし、しかめっ面でため息ばっかりしています。逆に楽しい時は、顔も(^ω^)な顔になるし、背筋が伸びて声の調子も高くなります。

自分の外面は内面に引きずられて表現するようになっているんです。

だから、常にこの「楽しい時の自分」をイメージして行動、身振り手振り、言葉も使い、声色に気をつけていましたが、これ結構疲れる。

たしかに効果は少なからず実感できますが、いきなり緊張の糸が切れちゃう。短期決戦ではいいかもしれないけど、長く続けられる体力が僕にはない。

そこで考えました。何か簡単ではなくても(そもそも自分をコントロールすること自体難しいことだから)、緊張の糸が切れずに長続きする方法はないのかと。

そして閃いたのです!そう『深呼吸』です。

深呼吸よくやりますよね。大事な場面や、緊張したとき、無意識にやっているときだってあるはずです。

これをイラっとしたときに一回、自分が悪い方向に盛り上がってきているなと思った時に一回。

ことあるごとに、深呼吸をするようにしました。

ただ、簡単そうに聞こえますが深呼吸を、その時々でするのは結構難しいです。やればわかるのですが、なかなかできない。

それでも良いです。あとから気づいた時でも構いません。「あーあればダメだったなぁ」と思いながら、ため息ではなくて深呼吸をしてみるんです。

僕にとっては結構効果があるし、変に体力使わないし、今までよりはずっと良いです。

これでちょっとずつ深呼吸の数が減っていけばいいなぁ。

でも、これだけでコントロールしきれるとは思っていません。とりあえず自分を抑えるきっかけになるぐらいです。次のステップを考えるのは深呼吸法がある程度馴染んできたらかなぁ。

え?タイトル?・・・釣りだといったでしょ(^ω^)